コラム・動画

カテゴリ

(ENEOS東京2020パラリンピック応援クリック募金対象大会)文部科学大臣杯争奪 第50回全国身体障害者アーチェリー選手権大会(フェニックス大阪大会) 特設ページ

2021.06.30
コラム


静寂の中の熱い戦い!標的との対話に集中し、的の中心を射抜いたときの爽快感は格別です。


文部科学大臣杯争奪 第50回全国身体障害者アーチェリー選手権大会(フェニックス大阪大会)は、このたび、ENEOS様のENEOS東京2020パラリンピック応援クリック募金にご採用いただきました。ENEOS様をはじめ関係者の皆様に、厚く御礼申し上げます。


一射一射に集中して的を狙う・・・張り詰めた緊張感。


パラリンピックの「始まり」の競技


パラリンピックの起源とされる1948年開催の「ストーク・マンデビル大会」は、戦争により障がいを負った車いす使用者(脊髄損傷者)による初のスポーツ大会。

行われた種目は、アーチェリーでした。


◎東京1964パラリンピック大会では公式ポスターに


日本でのパラリンピック初開催であった1964年の東京パラリンピックでは、公式ポスターにアーチェリーが採用されています。日本は団体で2つの銀メダルを獲得。

なお、この大会ではアーチェリーの道具を使いダーツの的を射る「ダーチャリー」という別競技もありました。


◎「ユニバーサルなスポーツ」


フェニックス大会はパラアーチャーのみ参加資格のある大会ですが、アーチェリーは「健常者」と「障がい者」が同じルールのもと、同じ射線から同等に競うことができる競技でもあります。

健常者とともに全日本アーチェリー選手権大会等に出場を果たしているパラアーチャーもいますし、世界にはオリンピックに出場した選手も・・・・。

 

選手ごとに工夫された、パラアーチェリーならではの補助具にもご注目ください!


◎クラス分け・弓の種類・種目

<クラス分け>
W1:少なくとも三肢(手や脚)かつ体幹に障がいがあり、車いすを使う選手。
W2:下半身の障がいにより、車いすを使う選手。
ST:立位またはスツール(台)に座って競技する選手

<弓の種類>
リカーブ:オリンピックでも使用されている弓
コンパウンド:滑車がついている弓。相対的に弱い力でも射ることができる。

<種目>
W1オープン:W1を対象、弓はリカーブかコンパウンドを選べる。的は直径80cm,的までの距離は50m
リカーブオープン:W2とSTを対象、弓はリカーブ。的は直径122cm,的までの距離は70m
コンパウンドオープン:W2とSTを対象、弓はコンパウンド。的は直径48cm、的までの距離は50m


※より詳しくは、こちらもご覧くださいませ

日本財団パラリンピックサポートセンター「パラサポWEB アーチェリー」

公益財団法人日本障がい者スポーツ協会(JPSA)「かんたん!アーチェリーガイド」(PDF)


◎フェニックス大会は日本パラアーチェリー界の最高峰の大会のひとつ

第1回は1973年に神奈川県で開催されています。残念ながら、2018年(台風)・2020年(新型コロナウイルス感染症の影響)は中止となりましたが、今年は大阪での開催が予定されております。(全国5ブロックの輪番制で開催されています)


ボランティアの皆様にも大変お世話になっております(2019年)


以下、現段階における予定です。

皆様ご声援のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。


文部科学大臣杯争奪 第50回全国身体障害者アーチェリー選手権大会

(フェニックス大阪大会)


◯日時(予定)

 11月27日(土)13:30~ 受付・公式練習

          17:00  開会式

 11月28日(日) 9:30  競技開始 


◯場所 大阪府立障がい者交流促進センター ファインプラザ大阪 (予定)

  

◯競技種目(予定) ※ラウンド=「6射✖6回」を2回 計72射

     リカーブ部門     男女とも70mラウンド(ラウンド:36射✖2、以下同様)

     コンパウンド部門   男女とも50mラウンド

      W1部門          男女とも50mラウンド

◯大会観覧について

・無料です。

・見学・応援スペースからの見学になります。(屋外。椅子等の設置はございません)

・新型コロナウイルス感染症の状況や地域の状況によっては、事前来場登録をお願いする場合や人数制限、
 残念ながら無観客の可能性もございます。


閉会式(2019年)


過去の大会のアルバム(2017年フェニックス東京大会


参考 日本身体障害者アーチェリー連盟の歩み










事務局